乾燥肌 ビタミンA

ビタミンAが乾燥肌を予防する

 クリームなどで十分保湿しても乾燥肌が改善されない人は、ビタミンAが不足している可能性があります。
ビタミンAが不足すると、汗腺と脂腺の機能が低下して皮脂膜がうまく作られなくなってしまうのです。
また、肌の角化が不安定になり、角質の保湿機能が低下してしまいます。
そのため、乾燥肌への対策としては、体内でビタミンAになるβカロチンが豊富な緑黄色野菜をたっぷり食べることが重要です。
緑黄色野菜にはビタミンC、ビタミンEなどの豊富なものも多いので、肌に良い影響を与える栄養素が一度にいろいろ摂取出来ます。
 そして、乾燥肌予防のために緑黄色野菜を食べる際に、ぜひ覚えておくと良いのが、アマニ油やシソ油と一緒に食べることです。
これには二つの大きなメリットがあります。
まず一つとして、ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取することにより、これらのビタミンの吸収が良くなります。
そしてもう一つのメリットは、これらの油に含まれている必須脂肪酸は、皮脂膜の生成の役に立ちます。
必須脂肪酸とは、体の中で合成することが不可能なため、必ず食べ物がらとる必要がある脂肪酸です。
緑黄色野菜にアマニ油やシソ油のいずれかをかけて食すると、美肌を保つのにぴったりのサラダになります。
ただアマニ油やシソ油は健康に良い油ですが、油であることには変わりありませんから、摂り過ぎは良くありません。
1日に大さじ1杯、多くても2杯までにしましょう。