隠れ乾燥肌

気付かないうちに乾燥肌になっていることも

隠れ乾燥肌という肌質の人が実はいます。本当は乾燥しているのに、その乾燥を補おうと皮脂が出て、脂性肌のような肌質になってしまっている人です。こういう人は自分が乾燥肌とは気付かず、むしろ自分は脂性肌だと思っているので、余計にスキンケアをさっぱり系で済ませてしまうため、乾燥を促進させてしまうという悪循環が起きます。

 

実は自分が脂性肌だと思っている人の中でも、多くの人が隠れ乾燥肌だということがわかっています。そんな難しい肌質の隠れ乾燥肌タイプの人は、とにかく保湿を念入りにすることが大事です。どうしても脂っぽい肌質だと、さっぱりした化粧水や乳液で済ませてしまいたくもなりますし、保湿をすることで皮脂の分泌が増えてニキビが出来るのが怖いでしょうが、隠れ乾燥肌ならとにかく保湿してください。

 

きちんと潤いを閉じ込めるような乾燥肌タイプのものを使いましょう。しっかりと保湿をすると、肌が過剰に皮脂を出す必要性もなくなるので、皮脂の分泌量も減ってきて、脂性肌というのも改善していくはずです。

 

隠れ乾燥肌の人は、脂性肌とはいえ、口周りや目の周りなどの皮膚が薄いところは乾燥しやすいという特徴があります。自分が本当の脂性肌なのか、それとも乾燥を補うために皮脂を過剰に出してしまっている隠れ乾燥肌タイプなのかを見極めましょう。もし隠れ乾燥肌の場合は、適切なスキンケアで改善していける可能性がありますので、きちんとケアをしてあげてください。