乾燥肌 洗顔

乾燥肌の人の洗顔のコツ

スキンケアの基本である洗顔。朝起きたときとメイクを落とすとき、朝晩2回は最低でもほとんどの人が洗顔を行うでしょう。

 

この洗顔も一歩間違えれば肌に負担をかけてしまう原因になります。

 

また洗顔は乾燥肌にも直結していますので、きちんと正しい洗顔で乾燥肌にならないように、気をつけましょう。

 

洗顔というのは、本来顔についている汚れを落としたり、過剰に出てしまった皮脂を洗い流すために必要です。

 

洗顔をしないと顔には汚れや皮脂、汗が残ってしまって肌荒れを起こしてしまいますので、基本的に朝と晩2回というのは正しい回数です。

 

しかし、乾燥肌の人は別です。

 

乾燥がひどい人にとって、洗顔という行為はただでさえ乾燥していて皮脂の少ないお肌から余計に皮脂や水分を奪ってしまう行為の1つになりますので、乾燥があまりにひどいという場合は、晩はメイク落としをするのでどうしても洗顔料を使わなくてなりませんが、朝は軽く洗い流すだけでもOKです。

 

洗顔料を使うと水分を奪いすぎてしまうので、水洗いで済ませてください。

 

そして気になる洗顔の方法ですが、とにかく泡で洗うことを意識しましょう。

 

洗顔料は細かな泡を立てて、手のひらと肌の間に泡を挟み、そのまま優しく洗っていきます。

 

擦らないと洗った気にならないと思うかもしれませんが、汚れは泡がからめとってくれるので、擦らなくても大丈夫です。

 

優しくやりすぎない洗顔、それを身につけて乾燥肌を労ってあげましょう。