乾燥肌 クレンジング

乾燥が気になる人は気を付けたいクレンジング剤

 コスメの選び方に関するブログや本を書かれている「かずのすけ」さんによれば、敏感肌や乾燥肌に悩む女性には、顔を洗いすぎている人が多いとのこと。

 

クレンジングと洗顔で、皮脂を落とし過ぎで肌バリアを弱めてしまっているパターンの方がよく見られるそうです。

 

クレンジング剤は、肌への刺激を少なくする為にメイクのオイル成分と溶け合って落ちるオイルクレンジング剤がオススメだそう。

 

ただし、クレンジング剤の成分表示の上位に植物油の成分が表記されている真の植物オイルのクレンジングオイルをチョイスすることが重要。

 

通常、安いクレンジングオイルで使われている主成分は石油由来である「ミネラルオイル」です。

 

ミネラルオイルの刺激は少なめで安全性は高いのですが、油分を溶かす性質が強いので、脱脂力も強めです。

 

そのため、肌に必要な油分までも洗い流してしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

そして、人の皮膚に近いタイプの脂質である不飽和脂肪酸が多い植物オイルであれば安心です。

 

例えば植物オイルのものには以下のようなものが成分表示にあります。

 

これらの成分が成分表示の上位に来ているクレンジング剤を選ぶと良いでしょう。

 

・マカデミアナッツ油
・アボカド油
・コメ胚芽油
・アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
・オリーブ油 など

 

 

 

界面活性剤の作用で落とすクレンジング剤には要注意

 油脂を使わないクレンジング剤の基本成分は水と界面活性剤です。

 

界面活性剤の力でメイクを落としますが、オイルと比較してメイクとのなじみが悪く、擦り過ぎてしまう原因ともなります。

 

乾燥肌に悩む方は、界面活性剤と油脂を同時に配合しているようなタイプも見られるので、よく見て購入しましょう。